なぜ、いま、『春の小川』なのか

1964年、東京でオリンピックが開催されることが決まったとき。それは日本が、高度経済成長のまっただ中にあったときでした。海外には、敗戦後の日本の復興ぶりを示す絶好の機会であり、国内においても社会基盤整備を始め、経済発展を

Read More »

SEKAI NO OWARI

皆さん、SEKAI NO OWARIというバンドご存知ですか?最近僕はこのバンドにはまっています。ソクラテスにはじまる「哲学」という小難しいシロモノを、一般の人にこれほどわかりやすく伝えた者はいないんじゃないかと真剣に思

Read More »

極楽

菊池寛の短篇、「極楽」を読みました。きっかけは芥川の「六の宮の姫君」ですが…「内記の上人」が何のことか分からず、糸を手繰っていったら菊池の他の短篇にたどり着いたんです。 夫に先立たれた妻が、与えられた余生を功

Read More »

RYDEENという会社

えー、長い長い沈黙を破ってブログを書いてみます。 RYDEENという会社は、2人の年寄りと3人の若者(でもないか!?)が立ち上げた会社ですが、何をしたいかというと、日本の中小企業のサポートです。じゃあ何でそれやりたいの?

Read More »

アジアの時代

今アジアの時代と言われています。アジアというと、我々日本人は、すぐに東アジアとか極東(Far East)とかを連想します。つまり、中国大陸と朝鮮半島がいつもついてきます。しかし、僕の感覚では、我々日本人は、東南アジアのほ

Read More »

誕 生 日

「ねえ、誕生日いつ?」なんて、誕生日というのは、気軽に話題にのぼります。僕の場合は、1961年(昭和36年)8月17日です。この日の何時に生まれたのか、遠い昔にお袋から聞いたことはあると思うのですが、忘れてしまいました。

Read More »

香田くんのこと

香田くんは、僕の同級生です。そして、HELPのメンバーです。某周南市代々木公園前の某香田整形外科の某院長として、彼は日夜患者さんのために身を粉にして診察をしています。あれだけ気を遣いながら診察すると疲れるだろうに、と思う

Read More »

インドネシア追記

毎月インドネシアへ行ってますが、今回は初めてジャカルタを離れて、ブカシ県のチカランへ行ってきました。ジャカルタから30~40㎞のところにあります。ジャカルタは、他のアジアの都市に比べて、インフラの整備がとにかく遅れている

Read More »

古 典(2)

では、古典を読んでみて、古典から何を受け取ったかというと、「もののあはれ」とか「恕」といったものです。「日本の心」ってこんなもんかなと、今の段階では思っています。そして、リーダーに最も大事なものは「高潔=ノブレスオブリー

Read More »

古 典(1)

古典というと、皆さん何を思い出しますか。源氏物語の人もいれば、シェークスピアの人も、論語の人もいるかもしれません。僕はこの5年くらいは、古典ばかり読んでます。特に日本と中国の古典です。人生も折り返し地点を過ぎたと思ったこ

Read More »