東洋とSEIYO

東洋とSEIYOという分け方をすることにも少し抵抗があります。それは、SEIYOの中にイスラム世界が入ってないにもかかわらず、世界はSEIYOと東洋で二分しているような印象を与えると思うからです。SEIYOとはキリスト教

Read More »

安岡正篤とやましたこういち

安岡正篤とやましたこういち 「安岡正篤」という人物が明治から昭和を生きた傑物であることは、知ってる方も多いことと思いますが、一方、「やましたこういち」という人物を知ってる人はそういないと思います。実はこの人、我らがRYD

Read More »

SEKAI NO OWARI その後

前回SEKAI NO OWARIというバンドについて書いてから、しばらく時間が経ちました。今年1月に新しいアルバムが出たので、早速DVDもついてるヤツ買いました。やっぱええわあ!できればあのバンドに入りたい… 毎日のよう

Read More »

もののあはれの危機

お久しぶりです。 前にUPしたのがいつだったか、もう忘れてしまいました。今回は昨今の世の中の動きについて、僕が気になることを書いてみたいと思います。僕は新聞を読みません。テレビもゴルフPGAとアメフトNFLしか見ません。

Read More »

なぜ、いま、『春の小川』なのか

1964年、東京でオリンピックが開催されることが決まったとき。それは日本が、高度経済成長のまっただ中にあったときでした。海外には、敗戦後の日本の復興ぶりを示す絶好の機会であり、国内においても社会基盤整備を始め、経済発展を

Read More »

SEKAI NO OWARI

皆さん、SEKAI NO OWARIというバンドご存知ですか?最近僕はこのバンドにはまっています。ソクラテスにはじまる「哲学」という小難しいシロモノを、一般の人にこれほどわかりやすく伝えた者はいないんじゃないかと真剣に思

Read More »

極楽

菊池寛の短篇、「極楽」を読みました。きっかけは芥川の「六の宮の姫君」ですが…「内記の上人」が何のことか分からず、糸を手繰っていったら菊池の他の短篇にたどり着いたんです。 夫に先立たれた妻が、与えられた余生を功

Read More »

RYDEENという会社

えー、長い長い沈黙を破ってブログを書いてみます。 RYDEENという会社は、2人の年寄りと3人の若者(でもないか!?)が立ち上げた会社ですが、何をしたいかというと、日本の中小企業のサポートです。じゃあ何でそれやりたいの?

Read More »

アジアの時代

今アジアの時代と言われています。アジアというと、我々日本人は、すぐに東アジアとか極東(Far East)とかを連想します。つまり、中国大陸と朝鮮半島がいつもついてきます。しかし、僕の感覚では、我々日本人は、東南アジアのほ

Read More »

誕 生 日

「ねえ、誕生日いつ?」なんて、誕生日というのは、気軽に話題にのぼります。僕の場合は、1961年(昭和36年)8月17日です。この日の何時に生まれたのか、遠い昔にお袋から聞いたことはあると思うのですが、忘れてしまいました。

Read More »