”SAISEI”とは会社を再構築して生まれ変わらせるための事業です

再生・再建が必要になった企業というのは、同族中小企業が生まれながらにして最大の武器である『機動力』つまり会社経営のスピード感をないがしろにした会社がほとんどです。経済成長に乗って儲けていくうちに、いつのまにかスピードより体力の維持に目が向いちゃったんですね。

現今のこの激動の時代の変化に適応できない企業は、時代の流れに置き去りにされるのは当たり前のことだと思います。同族中小企業の経営者は、今こそ頭の中のリミッターを外してこの難しい時代の波を乗り超えるべきです。再生・再建に直面している会社はむしろ、その会社の体制を再構築してスピードを加速するチャンスを迎えているというくらいの意識を強くもつことが重要なことだと思います。

同族中小企業の場合は特に、会社の経営者である社長さんが何を考え、意思をどうもつかによって会社はすぐにでも変えられるのですから・・・経営に手詰まりはありません。次の一手は無限にあります。リミッターをはずして自由に考えることが大事です。大きな視野をもって「時間」と「空間」を眺めることが必要です。そうすれば、新しい世界が見えてきます。次の一歩を踏み出すことができるのです。私たちは社長さんの重荷を一緒に背負い、できれば笑顔で再生にあたりたいと考えています。

1st STAGE 会社の現状把握(DD)

DDとは、デューデリジェンスの略称で、会社の資産価値を評価することをいいます。
これからの予想収益やリスク、業界動向や地域特性など、様々な要素を分析し、将来へ向けて達成可能な改善計画を策定します。
同時に、会社側からは見えない、“潜在化している強み・弱み”を発見することも重要な作業です。

2nd STAGE モニタリング

1st STAGEで作り上げた計画を実現するために、継続的に関わります。
主に会社の幹部の方々との経営会議を一緒に進めること、場合によっては現場を見たり、社員の方々と面談したりというようなことを通じて潜在要素を発見します。各分野の専門家の力を結集して問題の本質を即座につかまえ、解決に本当に必要な効果的なアクションを考え出します。