道草1

だいぶブログの更新をさぼってしまいました。今回は内田君のブログの表題を借りましたが、これは借りたのではありません。盗んだのです。今回から、私のブログは、「道草」という表題で書きます。「夜話塾」は、逆に内田君に任せることにします。ある文章の表題というのは、その文章の名前みたいなもので、とっても重要なものです。表題さえ決まれば、実は文章はできあがっていると考えてもいいくらいです。更新をさぼっていたことを反省してわかったことですが、今までのブログは、あまり肩に力が入りすぎて、ブログに向かうのがいやになっていたような気がします。それで、気軽に向うには気軽な表題がいいと思ったという、これは言い訳です。道草や回り道は、気持がいいですね。なんか自分の人生を生きていると感じるのは、僕だけでしょうか?

 

夜話塾という塾について、これまではあまり書いたことがないと思うのですが、この塾は、10年以上前から、僕の事務所が関与させていただいている顧問先の経営者の二世である若手経営者(候補?)を中心に集まっていただいて、経営について考えるという塾なのです。柱にしているのは、「二宮尊徳夜話(やわ)」という書籍です。ここから、夜話塾(よばなしじゅく)という塾の名前を採りました。今は土曜の午前にやっておりますが、当初は夜な夜ないろんな話をしておりました。日が変わることもありました。塾長は当然のことながら、この僕であり、1時間ばっかり夜話の話をして(以前は新渡戸稲造の「武士道」や佐藤一斎の「言志四録」)その後、同族経営の中小企業の経営者として必要ないろんな材料を勉強します。お陰さまで、今では同族経営の中小企業経営者の後継者が知っておかなければならないことの一応のメニューができあがりました。ありがたいことです。

 

この夜話塾の実況中継を内田君にやってもらうことにしようと思います。よろしく!

MENU