ポピュリズム

 外国からたくさんの言葉を輸入した明治の時代にSocietyを「社会」」と訳したのは福澤諭吉だと言われています。新しい言葉を作ったのでしょうけど、この国に昔からある「世間」という言葉を当てた方が良かったんじゃないかなあ。

Read More »

都市の地価

  世界的に都市の地価が上昇しています。日本国内にいるとよくわからないのですが、このコロナ狂騒曲の大音声の中、先進国とか新興国の区別なく都市の地価が上がっています。日本においては東京に限られたことかも

Read More »

仙厓

 江戸時代後期の禅僧です。いちばん最初に仙厓さんの禅画に会ったのは、10年ほども前のことでしょうか。北九州の出光美術館だったと思います。出光佐三さんが仙厓さんの作品が大好きで若い頃からたくさん集められたそうです。そのとき

Read More »

エンタープライズ

   最近強く思うのは人の頭が止まった、ということです。思考が停止してしまったように思うのです。コロナの爪痕ですかね。何をするにも「コロナじゃけえしょうがないよね」で話が終わることがなんと多いことか… これは危ない、と真

Read More »

パラダイムシフト

 パラダイムとは「ある時代や分野において支配的規範となるものの見方や捉え方」なんて言われます。外国語にするとわかったようになるのが現代の日本人です。翻訳語ではなくて、いつも使う日本語でわかることが大事です。たとえば、ロー

Read More »

赤ちゃんがやって来た

 還暦の日を迎える3時間前に初孫を授かりました。ぼくを除く家族は全員、孫を産む娘に「早く出せ」と大号令をかけていましたが、そんな家族の望みどおりぼくの還暦までわずか3時間を残して娘は大役を果たしたのでした。同い年であるこ

Read More »

還暦

 ついに、還暦を迎えました。暦が元に戻って、また新しい命が始まります。今年は、干支でいうと「辛丑かのとうし」の年で、ぼくが生まれた60年前も辛丑だったということです。干支の「干」は「天の気」を表し、「支」は「地の気」を表

Read More »

知財・DXの時代

 知財つまり「知的財産」についての情報が、最近たくさん流れるようになってきました。「知的」というのは「情報」というくらいに思えばいいでしょう。「財産」は経済的価値のあるものつまり「金になるもの」と考えると、「知的財産」と

Read More »

鳴神道場

 RYDEENという社名は「YMO」というグループの「RYDEEN」という曲から拝借しました。YMOは細野晴臣・坂本龍一・高橋幸弘の3人がメンバーが作ったテクノバンドです。当時、テクノミュージックという音楽シーンの最先端

Read More »

ユニット事業

 この世の中の変化の大きさと激しさはどうでしょう。今後の中小企業の事業の行方も大きく変えなくてはなりません。中小企業においては、会社力=社長力です。社長さんがこの時代をどう思うかにかかっています。「こりゃ大変だあ…⤵️⤵

Read More »