私塾 鳳徳館

塾長の本棚

第3回 渋沢敬三と宮本常一

 今回ご紹介するのは、佐野眞一「旅する巨人 宮本常一と渋沢敬三」(文春文庫2009年(文芸春秋2009年))です。前回ご紹介した「渋沢家三代」と同じ作者が、民俗学者の宮本常一とその師匠(支援者)である渋沢敬三の人生を描い

【通山】第2回 渋沢家の歴史

 前回は渋沢栄一と論語について書きましたが、今回は栄一をはじめとする渋沢家の人々について掘り下げてみたいと思います。  今回ご紹介するのは、佐野眞一「渋沢家三代」(文春新書1998年)です。タイトルのとおり、栄一、篤二(

【通山】第1回 渋沢栄一と論語

 これからしばらくの間、気力が続く範囲で、私の本棚の中からあてもなく本の紹介をさせていただきます。お付き合いの程よろしくお願いいたします。  今回が第1回ということで、どこから切り出すか、なかなか悩ましいところですが、こ